育毛剤のタイプや選び方

ロゴ
トップページ
<育毛剤の効果が十分発揮される>
育毛剤とは文字通り、毛を生やす薬、脱毛を予防する薬です。大半は男性用のものが出回っていますが、女性用もあります。養毛剤として頭皮の血流を良くして、毛根に栄養が届くよう作用するものもあります。育毛剤ですが現在100%万人に効くという効果を持ったものは残念ながら発明できていないのが現状です。しかし、有効成分の発見、新薬の発明により、かなり高い確率での効果を発揮できるものまで近づいてきました。そう考えると大きな進歩と言えるでしょう。即効性は難しいものの持続的に使用をすることにより、薄毛に悩む多くの方が効果を実感しているのです。 そもそも育毛剤はいつごろから利用され始めているのかというと、実に5000年以上も前の時代、エジプトで使用されていたことが分かっています。紀元前もの前の時代から既に薄毛に悩み、様々な薬を用いていたということは驚きです。その頃の育毛剤というとヘビやライオン、カバなどの脂肪と酸化鉄や蜂蜜、石灰などを混ぜた物を、祈りの言葉を唱えた後に飲み込むといった飲み薬だったようです。 ヨーロッパでは1800年代に入ると、ヘビの油をこすり付けると効くと言われ重宝されたり、インドではお茶やレモン汁を頭皮につけると良いと言われましたが、十分な効果は無かったようです。 1970年代に入り次々と毛生え効果があるといわれる成分が発見され始め、処方薬としても登場するようになりました。確実な有効成分としてのものでは塗り薬が主だった中、2005年には医療機関の処方により飲み薬が登場し、テレビなどでも取り上げられたくらい話題があったことは知っている方も多いかと思います。このようにして、大昔から世界中の沢山の人が悩み、試行錯誤してきた育毛剤も、現在は薬局でも有効成分の含まれている育毛剤を数多く見かけるようになり、医薬品としても登場するまでになりました。 その沢山の種類の育毛剤もどれも同じなのでは思うのかも知れませんが、実はどれも同じ種類の物ではなく薄毛に効くメカニズムに違いがあるのです。長年の研究から薄毛は様々な理由から発症してしまうことが分かり、その原因を取り除くための成分を含む育毛剤が開発されました。そのため、原因となるそれぞれの特性をよく理解することで、育毛剤ランキングから自分に合ったタイプの育毛剤を見つけて対策を行なうことにより、育毛剤の効果が十分発揮されるものと思います。様々な育毛剤のタイプや選び方を考えて使用することで、より効果的に対策を行ない症状改善に近づきましょう。

<育毛剤の効果的な使い方>
より効果的に使用ができるようにするにはどうしていけば良いのか、一般的に主流となっている頭に塗るタイプの商品で紹介をしていきたいと思います。 まずは、入浴をする前に育毛剤を一度使用します。この時に軽く力をかけながら頭皮のマッサージも行ないましょう。その後、シャワーキャップやタオルで頭を覆い時間を置きます。少々時間を置いて温めることにより育毛剤の成分を頭皮にしみ込ませます。 その後は丁寧にシャンプーをしましょう。もちろん、洗い残しが無いように綺麗に洗いますが、力を入れすぎたり爪で頭を傷つけないよう注意をします。 入浴後は、再び育毛剤を使用します。この時は入浴前でもそうですが毛ではなく頭皮に育毛剤が付くように注意をしましょう。そして、指で適度な力を入れながらマッサージをしていきます。この行動が血行促進や成分を毛根へと行き渡らせる効果が期待できます。出来れば、頭全体に均等に育毛剤の成分が浸透できるように気をつけて行なってみましょう。 育毛剤の使用頻度ですが、朝と晩の二回が基本といわれています。早く効果を上げたいからと、それ以上の使用はかえって逆効果となってしまいます。夜の使用は、頭皮も綺麗にできる入浴前後の使用が良くリラックスした状態で行なえるとなお良いでしょう。 育毛剤は短期間ではなかなか効果は現れないのが普通です。あせらず半年は使用を続けることが望ましいようです。また、使用するときは一回量を沢山付けるのではなく回数を増やすことが良いようです。そのため、朝晩二回で効果を持続させるように働きかけることが重要のようです。



Copyright(c) 育毛剤のタイプや選び方. All right reserved.